お使いのブラウザでは、Flashを表示できません。

金貨と銀貨が交互に並んでいる。
このコインを空きスペースを利用して移動させ、
金貨と銀貨が別々に連続して並ぶようにしてほしい。
ただし、移動の際は、隣り合ったコインを同時に、
向きを変えることなく移動させなければならない。
さて、この条件で並び替えるには、最低何手必要だろうか?

2009.3.1/移動/


解説

ヨーロッパでは、この問題を発表したPeter Guthrie Taitの名を取って'Tait's 8 Coin Puzzle'(テートの問題)、日本では中根彦循の発表した書物「勘者御伽雙紙」より「おしどりの遊び」という名で知られている問題です。

作者/出典/参照: Peter Guthrie Tait; 勘者御伽雙紙/中根彦循(1743)


ルール

いずれかのコインにマウスカーソルを当てると、移動可能な2枚のコインが強調表示されます。
(同時に移動できるもう1枚のコインは、カーソル位置によって変わります。カーソルがコインの左半分にある場合は、そのコインと左隣のコインが移動可能になります。)
その状態でコインをドラッグし、空きスペース(線の交差している所)へ移動させてください。
もちろん、2枚分の空きスペースがない場合は移動できません。
移動を繰り返し、すべてのコインが連続ですき間なく並び、かつ金貨同士、銀貨同士が連続で並んでいる状態になれば正解です。

また「設定」メニューからコインの数を変更することもできます。



ブックマークとリンク

はてなブックマーク : このエントリーをブックマークに追加はてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク

このページはまだブックマークされていません。


Yahoo!ブックマーク : Yahoo!ブックマークに登録

このページに言及しているブログ (Yahoo!ブログ検索)



クイズ&パズルの部屋「Quizzical Days.」