お使いのブラウザでは、Flashを表示できません。

1匹のオオカミと1匹のヤギを連れ、キャベツを携えた旅人が、
舟で川を渡ろうとしている。
舟には、旅人の他に1つのものしか乗せることができない。

ところが、ヤギは旅人が近くにいないとキャベツを食べてしまう。
また、オオカミは旅人が近くにいないとヤギを食べてしまうのである。

さて、全てのものを無事に向こう岸に渡すには、どうすればよいだろうか?

2007.7.12/川渡り/


解説

「川渡りパズル」(渡船パズル、渡河パズル、渡し舟パズルなどなど)というジャンルに分類されるパズルの起源は極めて古くからあり、パズルとしての奥の深さを窺い知ることができます。

このパズルの基本ルールとして、

・複数人(動物含む)を、小さな(定員の少ない)舟で向こう岸へ運ぶ。

・登場人物には「天敵」と「保護者」がいる。

・保護者のいない場所で天敵と一緒にいる場合、危害を被る。

・なので、保護者は天敵に気を配りつつ渡らなければならない。

というのが前提となっています。その上で、多種多様なアレンジが世界各地で生まれ、語り継がれてきました。


まず、 川渡りパズルの中でもっとも古いと言われているのが、このページの「旅人と狼と山羊とキャベツ」の問題。この問題は、8世紀のイギリスの神学者アルクィン(Alcuin)が発表した、「Propositiones ad acuendos juvenes (青年達を鍛えるための諸命題)」という書物に書かれたのが初出といわれています(異説あり)。

現在でもファンの多い川渡りパズルの原点が、1200年も前に発表されているところに奥の深さを感じますね。


旧題:"Across the River, with Cabbage."

作者/出典/参照: Propositiones ad acuendos juvenes. / Alcuin


ルール

キャラクターは、舟側にドラッグすると舟に乗せることができ、岸側にドラッグすると舟から下ろすことができます。
運びたい荷物を舟側にドラッグして乗せ、
矢印ボタンをクリックすると舟を移動させることができます。
ただし、問題文にもあるとおり、どれでも自由に動かせるというわけにはいきません。
被害が出ないよう、よく考えて動かしてください。
最小回数ですべての荷物を右岸に渡すことができれば正解です。



ブックマークとリンク

はてなブックマーク : このエントリーをブックマークに追加はてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク

このページはまだブックマークされていません。


Yahoo!ブックマーク : Yahoo!ブックマークに登録

このページに言及しているブログ (Yahoo!ブログ検索)



クイズ&パズルの部屋「Quizzical Days.」